The tomb and green trees

お墓はすごく高い

tomb

人が亡くなった時に、必ず納骨堂を利用することになるかと思いますが、一方の考え方としてはお墓を立てるという方法もあります。納骨堂を使う方が良いのか、お墓を立てる方が良いのか、きっとあなたも迷ってしまいますよね。ただ結論から言うと納骨堂を利用する方がコストパフォーマンスは圧倒的に大きいと思います。今回はお墓を立てる際に、どれくらいの金額が必要になるのかなどを詳しくお話していきましょう。実はお墓というのは墓石代はもちろんのこと、土地代というものもかかってきます。また、どの墓地にお墓を立てるのかによっても金額が全然異なってしまい、立地が良く交通の便が良いとされる環境であればあるほど高くついてきます。大体平均的には200万円から300万円くらいが良いところですね。ではこの金額ってそもそもどういう内訳になっているのか?簡単に言えば墓地の永代使用料+墓石建立費用で求められます。さらにそこから年間管理料や法要の費用が発生するので、結果的に相当高い金額になってしまうんですよね。墓地の永代使用料というのは、そこにお墓を立てて永代に渡り使用するという権限を持つ料金になります。ちゃんと規定を守っていると永久的に墓地を使用することが可能です。ただここで一つ注意してほしいのが、解除する際に使用料の返還は行われないということです。もしお墓を立てるくらいのお金が今ないという方は、やはり納骨堂で供養するのが一番良いです。納骨堂の場合だと高くても100万円以下で済みますから、選択肢としては非常におすすめすることができます。