The tomb and green trees

納骨式の臨み方

obsequies

今や多数の方が納骨堂を利用されるようになってきたと言えますが、納骨式のマナーって知ってますか?納骨式もお寺でやってもらう法要なので、あなたも納骨堂に行くときはそれなりの服装をして行くというのがマナーだと言えますね。では実際に納骨式を執り行う際に、男性も女性もどんな格好が望ましいのかをお話したいと思います。まず納骨式というのは、四十九日法要と合わせてとり行われます。その時にはいわゆる喪服を着るのが良いでしょう。また、それ以降に納骨式を行う場合は、略式喪服もしくは地味めの服装で良いとされています。男性は黒いスーツに黒いネクタイ、靴下や靴も黒い物で統一し、シャツは白で決めます。女性は黒いスーツもしくはワンピースで、ひざ下からくるぶしまでの丈を選択すること。ストッキングや靴下、さらにはバッグも黒く統一し、夏場の暑い時期でも肌の露出はしないような格好が常識です。ちなみに子供の場合も基本的には黒を基調とした制服やブラウスを選択すること。また男女共に共通して言えることに、光沢のある物を身につけないようにするというのも納骨式の際のマナーです。また略式喪服も基本的には黒をベースに考えて頂き、もし黒がなければ紺色やダークグレーといった暗い色を選択するようにしてください。ここで気になるのは、身内だけでやる場合でもちゃんとした喪服を着るべきなのかどうか。という話ですよね。当然お寺に依頼することなので、しっかりした喪服で挑むのが普通です。お互いに失礼のないように、納骨堂を利用する際には納骨式もマナーを守り正しく執り行いましょう。